北海道応援サイト!がんばれ北海道!!

巨木・森の神様

住所 上川郡美瑛町字忠別

一般社団法人 美瑛町観光協会

美瑛とはアイヌ語の「ピイェ」より転訛したもので「油ぎった川、濁った川」という意味。
どの土地を掘っても濁り水が出たことに由来するそうで、開拓者が「ビエイ」と訛って呼んでいたものに「美しく、明朗で王者の如し」という意味の「美瑛」の漢字があてられた。
忠別の由来は、アイヌ語の「チウペッ」(波立つ川、急流の川)の意味。
美瑛町と東川町から、天人峡温泉へ向かう道道213号天人峡美瑛線の途中の忠別川沿いにある。
旭岳、天人峡の分岐点から3.5qほど走ると右手に「森の神様」の案内板があり、その砂利道の林道を400mほど進み進入禁止の案内の手前が駐車場。
巨木「森の神様」は、林野庁が全国の国有林から選りすぐりの巨木を集め選定した「森の巨人たち100選」の一本。


この巨木はカツラで、推定樹齢は約900年、樹高31m、幹周11mほど。
地上2〜3m付近から発生した3本の主木が円形に合体して、ひとつの木になっている。
主幹に当たる部分は既に失われたようで、ひこばえによって樹形を保っている状態。
蘖(ひこばえ)とは、樹木の切り株や根元から生えてくる若芽のこと。

1998(平成10)年にボランテイア団体が森林整備事業を行った際に、参加した地元小学生が、その大きく神秘的な姿から「森の神様」と愛称がつけられた。


道道213号天人峡美瑛線とは、上川郡東川町天人峡温泉から東神楽町志比内、旭川市を経由して、美瑛町を結ぶ一般道道で、総距離は33.1km。

大きな地図で見る
Copyright (C) がんばれ北海道 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system