北海道応援サイト!がんばれ北海道!!

枝幸温泉 ホテルニュー幸林

住所 枝幸郡枝幸町北幸町1624番地2
TEL 0163-62-4040
宿泊入浴時間 10時〜24時・5時〜8時(月曜は7時30分)
日帰り入浴時間 10時〜22時(最終受付21時)
貸タオルは無い。
日帰り入浴料金 大人500円、小人240円

ホテルニュー幸林

枝幸町観光協会

枝幸(えさし)町の由来は、アイヌ語の「エサウシ」(岬)から。2006(平成18)年3月20日旧枝幸町と旧歌登町が合併し、現在の枝幸町となった。
国道238号線沿いにあり、北幸公園の山側に駐車場がある。

日帰り入浴施設と宿泊施設を併設した「枝幸温泉ホテルニュー幸林」の一軒宿がある。前身は山村林業構造改善事業により、1984(昭和59)年12月に三笠山の麓に建設された町林業総合センター「幸林荘」である。1996(平成8)年に幸林荘を改築すると共に、併設して鉄筋コンクリート4階建ての総合交流促進センターを建設し、浴場が併設され、2〜4階は宿泊棟23室が設けられ、1997(平成9)年から「ホテルニュー幸林」と改称した。
ホテル近くで試掘されていたボーリングにより、温泉が湧出し、ホテルに引き込んでいる。隣接して三笠山スキー場があり、スキーの後の温泉が人気だという。

お湯は、うっすらと黄色みがかり無臭。湯ざめしにくい。内湯とジャグジー・サウナなどがある。ジェットバスは光明石温泉を使っている。高台に位置しており、内湯のみだが雄大なオホーツク海を眺めながら入浴できる。
浴場は、大きなガラス張りとなっているが、下半分は曇りガラスなので立ち上がると街並みやオホーツク海を見ることができる。
泉質 カルシウム・ナトリウム―硫酸塩泉(旧泉質名・石膏泉)で加温、循環、 塩素系薬剤とオゾン併用消毒使用の濾過循環方式。
源泉温度41.6度、湧出量毎分35リットル(動力揚湯)、PH8.91
効能は、神経痛、関節痛、うちみ、五十肩、痔疾、動脈硬化症、皮膚病、疲労回復、やけど、冷え性など。
Copyright (C) がんばれ北海道 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system