北海道応援サイト!がんばれ北海道!!

ハルニレの木

住所 天塩郡豊富町豊富温泉

豊富町観光協会

天塩の由来は天塩川、アイヌ語の「テシ・オ」「テシュオ」(梁(やな)・ある)から。
豊富の由来は、初めは川の名称をとって、エベコロベツ(現・下エベコロベツ川流域)又は旧村名である沙流と二つの地名をよんでいたが、1908(明治41)年、エコロベツ住民会で村名を豊富と決定する。エベコロベツはアイヌ語で(魚(食物)を持つ川・なんでも豊富にある川(場所))という意味で「豊富」と称するようになった。
豊富市街地の国道40号線道道84号豊富浜頓別線の大通り10丁目交差点を浜頓別方面にから約6kmほど交差点を右折し約200mほど左手。

豊富温泉は、1926(大正15)年、石油の試掘を行っていた時に、地下約800〜900mの地点から「天然ガス」と「温泉」が噴出したのが始まり。
それ以降、日本最北の温泉郷として親しまれたが、1978(昭和53)年、稚内温泉が開業し最北ではなくなった。しかし今も年間約25万人が訪れる温泉街として親しまれている。
豊富温泉街にある旧豊富温泉小学校、2008(平成20)年閉校したグランドにあるハルニレの木。
ハルニレ ニレ科ニレ属和名:春楡、別名エルム、アイヌ名チキサニ
樹齢推定 300年、標高18m、胸高直径3.95m
隣にあるオンコと桜の一体化した木は撮るのを忘れていました。またいつか行って写真に収めてきます。


この辺りの開拓は、1902(明治35)年奈良県人で天塩在住の嘉納久三郎が豊富において農場を経営する計画が上がり、許可を得て1906(明治39)年の秋にエベコロベツ川を遡り、東豊富東一線の川辺に掘立小屋を建て、代理人を仮住まいさせたのが始まりである。
1907(明治40)年には、寺沢豊、菅原藤五郎、小林権蔵、下山徳一らが入植し開拓する。1909(明治42)年には農場主の移住し自ら経営をした。
入植当初は、天塩村戸長役場の管轄下で、戸籍事務などの一切は1泊も2泊もかかって通った。1909(明治42)年4月に幌延村戸長役場が設置され、不便だったのも解消された。学校も豊富市街にできたが、約2里(約8km弱)の遠距離だったこともあり通学は容易ではなく欠席が目立ったという。
当時の入植者の生活は、エベコロベツ川の岸に拝み小屋(三角小屋)を建て草で屋根を葺き草で壁を作った小屋で、これを開墾の拠点とした。しかし赤ダモやナラの大木が鬱蒼と生え、熊笹が一面を覆う原生林の中で、歩くのも困難で周囲を見渡すこともできなかったという。しかしエベコロベツ川やその支流での川魚は豊富で、イトウ、マス、ウグイ、ヤマベなど沢山の魚が獲れた。これが開墾者の重要な食料となったのは言うまでもない。冬に備えてどの家庭でも塩蔵や焼いて保存して生活し海の魚を食べることはしばらくなかったという。

開墾は、まず熊笹を刈り、大木を伐り倒し焼き払うところから始まった。開墾された土地に島田鍬で条を作り、馬鈴薯、麦、豆類を条播し、菜種や燕麦は散播した。当時は土地肥沃にて気候も良かったから収量も多かった。1910(明治43)年頃からは天塩から雑穀の仲買人が来て取引するようになった。
豊富市街から下沼まで馬車で移動し、そこから長門船で天塩川を下り天塩の市街地で取引される状態は大正の初期まで続いたようである。 道路は、入植当時全く無く、川辺に沿って入地したが、1907(明治40)年に幅3尺(約0.9m)ほどの刈り分け道路ができた。しかし竹の根が多く夜間の歩行は容易ではなく、足の傷が絶えなかった。当時物資の輸送は背負って行われたようだ。1910(明治43)年には現在の道道84号豊富浜頓別線の前身となる道路が出来たが、これには近隣住民の大変な苦労があった。

終戦の前後、天然ガスを使った製塩工場、煉瓦工場、硝子工場、製飴工場、魚粕乾燥工場など建設され、一時期とはいえ工業が盛んだった時期もあったが、ガス発電所が建設されガスの使用料金が高値となり、採算が取れなくなりこれらの工場は次々と閉鎖していった。

温泉地区は、1927(昭和2)年ごろから菊池直次郎、松尾幸太郎、川島末吉が入地した。その後道北地域唯一の温泉で、天然ガスの暖房が人気を呼び、入浴客、湯治客が増え、入地者も増えた。この当時の旅館は松尾、松井、川島、森、渋谷、井上、吉田屋、岩手屋だった。飲食店は3軒、商店は5軒あった。
しかし、温泉地区ではガスの不始末から幾度となく火事が起こり旅館の消失などが起きた。1935(昭和10)年の3月に起きた火災後には各個のガス井は埋められ、温泉から一本のガスとして供給されるようになり火災は減ったが、1943(昭和18)年9月火災が発生し、浴場、湯元館、温泉ホテル、宝寿館などが焼失した。1947(昭和22)年12月には、温泉会社住宅から出火し、旅館3軒と温泉会社社員合宿所が全焼した。1950(昭和25)年3月には永井旅館から出火し、旅館と飲食店などを焼失している。その後、町が1958(昭和33)年に温泉の一切を買収し、町営元湯館の経営をする。


約7000〜5500年前、サロベツ原野に人が住み始める。
1596(慶長元)〜1614(慶長19)年間、この頃テシホ場所設置される。
1700(元禄13)年、2月松前藩は全島地図「松前郷帳」(小川養甫作成)を幕府に提出する。同地図に「テシホ」の地名が初めて載る。
1719(享保4)年、飛騨屋久兵衛が、石狩、天塩国の蝦夷松を伐採し、用材を本州に出す。
1786(天明6)年、場所請負制が始まり、紀伊国商人の栖原屋角兵衛を請負人とする。
1798(寛政10)年、松平忠明が東西蝦夷地を巡視し、天塩を経て宗谷に達する。
1801(享和元)年、4月松平忠明が再び天塩を経て宗谷に達する。
1804(文化元)〜1818(文政元)年、この頃間宮林蔵この沿岸を測量(伊能忠敬の全島沿岸実測図として完成)
1807(文化4)年、西蝦夷地が松前藩領から天領(幕府直轄領)になる。近藤重蔵が、天塩川を遡り上川に入り周辺の平野を探検する。
1821(文政4)年、幕府、蝦夷地を松前藩に返還する。
1833(天保4)年、栖原屋の天塩番人平八郎がはじめて越冬する。天塩の和人越冬の始まり。
1840(天保11)年、マシケ以北の出稼許可され、江差・福山・南部・津軽地方の漁民この地方に姿を見せはじめる。この頃(天保〜弘化)年代、止宿所が設けられ井戸も掘られた。それ以前は水を天塩より馬で運んだと云う。
1846(弘化3)年、松浦武四郎が天塩に訪れる。ワッカサクナイ(稚咲内)に立ち寄る。
1855(安政2)年、蝦夷地が再び松前藩領から天領になる。天塩が秋田藩領になる。
1856(安政3)年、松浦武四郎が天塩内陸踏査のため再び訪れる。ワッカサクナイに立ち寄る。
1857(安政4)年、松浦武四郎がサロベツ沿岸を調査、サロベツ川流域を記録する。
1858(安政5)年、ワッカサクナイを通過し、利尻山の雄大な眺めとともに、建物や蔵と井戸があった事を記録に残している。
1859(安政6)年、天塩、苫前、留萠、天売、焼尻が庄内藩領になる。
1869(明治2)年、8月15日蝦夷を改め北海道と名づけ開拓使を設置。11国86郡を設定し、天塩国に上川・中川・利尻・天塩・苫前・焼尻の6郡を定め水戸藩が支配する。
1870(明治3)年、天塩郡など一帯の場所持だった栖原屋は権利を失うが出稼ぎという名目で事業は継続される。ワッカサクナイ(現・稚咲内)に官設宿泊所設置。
1871(明治4)年、各藩の分轄統治が廃され、天塩地方は水戸藩支配から開拓使の管轄となる。12月栖原屋角兵衛は、天塩国一円、焼尻、天売地区の漁場持を開拓使より許可される。
1872(明治5)年、9月開拓使宗谷支庁がおかれ、天塩国、北見国の宗谷、枝幸、利尻、礼文がその管轄下となる。宗谷支庁の中主典佐藤正克天塩川を遡り、沿岸の地勢や現地人の事情を調査する。
1873(明治6)年、2月開拓使宗谷支庁が留萠に移され留萠支庁となる。
1875(明治8)年、3月開拓使留萠支庁が廃され、開拓使札幌本庁の管轄下となる。出張所を置く。
1878(明治11)年、7月郡区町村編成法により、天塩郡の天塩・幌延・遠別・沙流(豊富村)の村名が創設される。
1879(明治12)年、7月留萠に留萠、増毛、苫前、天塩、中川、上川の郡役所を置く。
1882(明治15)年、開拓使廃止され函館、札幌、根室の三県設置し、この地方は札幌県に属する。4月天塩村に天塩・中川・上川三郡を管轄する戸長役場が設置された。
1886(明治19)年、4月天塩村の戸長役場が苫前に移される。天塩には派出所が置かれる。天塩地方は道庁札幌管内に属する。宗谷から利尻、礼文の定期航路運航始まる。
1893(明治26)年、6月天塩郡の各村にあった戸長役場を天塩に再び設置する。
1897(明治30)年、6月天塩村の戸長役場管轄から中川・上川両郡を分離する。天塩材時代と呼ばれ、林業が盛んになる。剣渕村に戸長役場を設ける。11月郡役所廃止に伴い増毛支庁を設置する。苫前村から羽幌村が分離する。
1899(明治32)年、5月増毛支庁管内の天塩国上川郡を上川支庁に移管する。下サロベツに福井県から団体入植する。
1900(明治33)年、一級町村制施行。上サロベツ、下サロベツ原野の国有未開地の貸下げ始まる。ワッカサクナイ駅逓所開設する。取扱人は和井内輝慶。
1902(明治35)年、羽幌村が二級村となる。梅村庄二郎が兜沼に入り、アイヌの音吉の案内で現地を調査する。
1903(明治36)年、4月遠別村分立。天塩村外2ケ村戸長役場が置かれこれに属す。岐阜団体梅村庄次郎ほか12戸が兜沼に入植した。
1906(明治39)年、奈良県人の加納久三郎が東豊富一帯に数百町歩を得て農場を経営する。越後団体の佐藤久二郎他が入植する。山形団体の工藤多喜太他が入植する。沙流神社建立する。
1907(明治40)年、柏倉玄融大谷派説教所(現・天塩郡豊富町字豊富東1条2丁目 光寿寺)を開設した。沼の端(現・兜沼)特別教授所を開設した。天塩、ペンケ沼間の川ポート初航した。狩太団体が入植する。泡谷牧場開設する。ペンケ沼に長門船の波止場開設する。渡辺左右治が初めて商店兼旅館を開設する。嘉納久三郎農場開設する。足立亀松が兜沼で雑貨商を営む。相馬団体が入植する。成田精作牧場開設する。越後団体入植する。目梨別に太田文次郎らが入植する。
1908(明治41)年、エコロベツ住民会で村名を豊富と決定する。沙流第二簡易教育所創設(兜沼小学校の前身)。天塩尋常小学校付属沙流第一特別教授場創設(現・豊富小学校の前身)。 1909(明治42)年、4月幌延、沙流の2村が天塩村より分村し幌延外1ヶ村戸長役場が幌延に置かれた。羽幌村が一級村となる。官設上サロベツ駅逓所開設。取扱人は梅村庄次郎。
1911(明治44)年、エコロベツ駅逓所開設。取扱人は加藤東三郎。豊富〜兜沼間の道路開通する。 1914(大正3)年、村井吉兵衛が目梨別で石油試掘開始する。
1919(大正8)年、幌延・沙流(現・豊富)両村合併し、幌延村となり2級町村制が施行される。
1922(大正11)年、宗谷線(天北線)全線開通。目梨別駅逓所開設する。
1924(大正13)年、6月25日天塩北線の稚内〜兜沼間を開業、抜海・勇知・兜沼駅を新設。
1925(大正14)年、7月20日天塩南線の問寒別〜幌延間を延伸開業、雄信内・安牛・上幌延・幌延駅を新設
1926(大正15)年、幌延、兜沼間鉄道布設工事竣工し宗谷本線が全通した。東豊富で石油を試掘している最中、天然ガスとともに温泉が湧き出た。
1927(昭和2)年、サロベツ湿原の排水路掘削が始まる。村井鉱業株式会社重役が温泉で浴場経営する。
1928(昭和3)年、目梨別にて村井石油鉱掘削着手。
1930(昭和5)年、電信電話取扱業務開始する。川島旅館創業。兜沼神社移転新築する。
1932(昭和7)年、天塩電灯株式会社が発電所を建設し、ガス発電により豊富温泉・東豊富・豊富市街に電気が点く。有明駅逓所・豊田駅逓所開設する。
1933(昭和8)年、豊富温泉株式会社が創立される。
1937(昭和12)年、6月豊富、日曹炭礦開坑。
1940(昭和15)年、旧沙流村を幌延村より分村し2級町村制を施行、豊富村となる。世帯数 1291戸、人口 7521人。北沢部落を豊幌と改称・大井戸部落を豊徳と改称・ワッカサカナイ部落を稚咲内と改称する。
1943(昭和18)年、8月兜沼公園が景勝地に指定される。
1947(昭和22)年、三菱鉱業株式会社が豊幌において炭鉱採掘開始。
1948(昭和23)年、豊富・兜沼に農業協同組合が設立された。行政区間の変更により宗谷支庁管内となる。
1957(昭和32)年、北海道電力株式会社が日本初の事業用ガスタービン発電所を開設。
1958(昭和33)年、町営元湯館新築。
1959)昭和34)年、1月町政を施行し豊富町となる。
1965(昭和40)年、利尻・礼文・稚内市・豊富町の一部が、利尻礼文サロベツ国定公園に指定される。豊富温泉スキー場が開設。
1967(昭和42)年、10月徳満宮の台展望台が完成する。
1972(昭和47)年、ガスタービン発電所閉鎖。7月日曹炭鉱が閉山した。
1973(昭和48)年、10月豊富温泉天然ガスR-4号井自噴する。
1974(昭和49)年、9月利尻・礼文・サロベツ国立公園指定される。
1976(昭和51)年、2月日本甜菜糖株式会社が泥炭採取開始する。6月サロベツ湿原に木道整備する。有明の奥メナシベツ川の支流オミヤブノサワ川で甌穴発見する。11月豊富町役場兜沼支所移転する。12月豊富温泉スキー場でペアリフト完成する。
1978(昭和53)年、6月レストハウス「サロベツ」新築する。稚内市で温泉(稚内温泉)が湧き出たため、日本最北端温泉では無くなる。
1979(昭和54)年、11月元湯館火災により焼失。
1982(昭和57)年、11月町営ニューホテルサロベツがオープン。
1983(昭和58)年、8月温泉地区でR-9号井天然ガス採掘調査行う。
1984(昭和59)年、9月郷土資料室開設。11月高レベル放射性廃棄物処理施設誘致反対豊富町民の会発足する。
1985(昭和60)年、8月株式会社豊富牛乳公社設立する。
1986(昭和61)年、7月R-10号井ガスボーリング実施する。
1987(昭和62)年、5月サロベツ原生花園ビジターセンター開館。8月温泉レクリエーションランド(パットゴルフ場など)オープンする。9月放射性廃棄物問題調査特別委員会設置する。
1988(昭和63)年、12月元湯館跡地にふれあいセンター新設、営業開始。
1989(平成元)年、幌延ビジターセンター開館。
1990(平成2)年、5月兜沼公園に「やすらぎの湯」オープンする。
1992(平成4)年、3月スキー場ロッジ「ヒルズハウスウエルカム」完成する。6月兜沼郷土資料室開室する。7月国道40号線にバイパス計画出される。
1994(平成6)年、6月国道40号線豊富バイパス着工式挙行。
1995(平成7)年、9月兜沼オートキャンプ場完成。
1996(平成8)年、5月兜沼オートキャンプ場・温泉自然観察館オープンする。
1998(平成10)年、9月天然ガス採掘深査。
1999(平成11)年、1月豊富町温泉保養宿泊所「湯快宿」オープン。
2002(平成14)年、11月豊富町100周年記念式典。
2005(平成17)年、サロベツ原野がラムサール条約湿地となる。
2004(平成16)年、4月町営ニューホテルサロベツを民間へ譲渡。
2009(平成21)年、町営ニューホテルサロベツ廃業。
豊富町史・豊富町史第二巻参考

Copyright (C) がんばれ北海道 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system