北海道応援サイト!がんばれ北海道!!

金浦原生花園

住所 天塩郡遠別町金浦

遠別町

天塩の由来は天塩川、アイヌ語の「テシ・オ」「テシュオ」(梁(やな)・ある)から。
遠別町の由来は、アイヌ語の「ウェンペッ」(悪い川)からと言われているが、実際は「ウイベチ」(相語る川)からだそうだ。
他にも、「ウイエベツ」(さわがしい川)、という意味もあるそうだが、いずれにしても稲作の実る肥沃な地を造りだす川だけに後者であって欲しいと願う。
金浦の由来は、アイヌ語のクマウシユナイ、オネトンナイの二つの地名からなっていたもので、北6線以北をオネトンナイ、以南をクマシユナイと呼称していた。熊牛内部落と言われていた。1902(明治35)年に開拓が始まり、当時の入植者は秋田県人が多数を占めていたため一時期は「秋田漁場」と呼ばれたこともあったが、1939(昭和14)年の字名改正の時に「苫年内」から「金浦」となった。
初山別市街地から国道232号線を北に約17km、遠別町から南に約5kmほどの海沿いに金浦原生花園がある。

南北450m東西130mの平原に数万本のエゾカンゾウが群生し、6月の見頃には、黄色い絨毯を敷き詰めたようになりとても綺麗。
天気が良ければ利尻富士も見える。


原生花園内は木道で一周できるようになっており、一周250mのファミリーコース・一周420mののんびりコースがある。
距離は短く、整備されているので一周回るのがオススメである。
エゾカンゾウが中心だが、ヒオウギアヤメ・メタチギボウシ・ノハナショウブなども見られる。
2012年7月29日に行った時は、サワヒヨドリが綺麗でした。

Copyright (C) がんばれ北海道 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system