北海道応援サイト!がんばれ北海道!!

道の駅 富士見

住所 天塩郡遠別町字富士見46番地1
直売所 9時〜17時   レストラン 10時〜19時(4〜1月まで営業)
定休日  期間中無休。とんがりかん内のレストランは毎週火曜日

遠別町

えんべつリゾート開発株式会社

天塩の由来は天塩川、アイヌ語の「テシ・オ」「テシュオ」(梁(やな)・ある)から。
遠別町の由来は、アイヌ語の「ウェンペッ」(悪い川)からと言われているが、実際は「ウイベチ」(相語る川)からだそうだ。
他にも、「ウイエベツ」(さわがしい川)、という意味もあるそうだが、いずれにしても稲作の実る肥沃な地を造りだす川だけに後者であって欲しいと願う。
富士見の由来は、アイヌ語のクマウシユナイ、オネトンナイの二つの地名からなっていたもので、北6線以北をオネトンナイ、以南をクマシユナイと呼称していた。熊牛内部落と言われていた。1939(昭和14)年の字名改正の時に富士見となった。
稚内市と留萌市を結ぶ、国道232号線沿いにあり、遠別町市街地から約1.3kmほど。

開駅は1993(平成5)年4月で、メイン施設はとんがりかん。駐車場とトイレ、直売所が国道沿いにあり、丘の上にあるレストランがとんがりかんだ。
晴れた日には、利尻富士を望むこともできる絶好のロケーション。
隣接して、道の駅の脇から坂を登ると富士見ヶ丘公園がある。キャンプ場、パークゴルフ、アスレチック広場、木製の展望台がある。展望台からは天気が良ければ日本海越しに利尻山も見ることができる。
国道を挟んで海側には、遠別川の河口周辺を利用して作られた河川公園があり、海水浴場「みなくるびーち」や釣り場、遊歩道が整備されている。キャンプ場もあり、開設期間は5月1日〜10月31日まで、1泊1張り500円、キャンプ場利用の際は道の駅富士見で手続きする必要がある。炊事棟、トイレ2棟の設備もある。問い合わせは01632-7-3939

道の駅「富士見」がある遠別町の特産といえば「タコ」と言う事で、レストランでは蛸おこわセットが人気メニューだ。遠別で水揚げされたみずだこを柔らかく炊き上げたおこわを食べにリピーターがいるほど。一度味わってもらいたい。
日本の稲作の北限地でもあり、おこわの米も地元産を使っているそうだ。遠別町北部の水田は1918(大正7)年の春、佐藤吉蔵氏により清川311番地付近に造田が始まり現在に至る。水稲としては世界的に最北であろうと考えられている。

2017(平成29)年1月に撮ったもの。

Copyright (C) がんばれ北海道 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system