北海道応援サイト!がんばれ北海道!!

稚咲内園地

住所 天塩郡豊富町稚咲内

豊富町観光協会

天塩の由来は天塩川、アイヌ語の「テシ・オ」「テシュオ」(梁(やな)・ある)から。
豊富の由来は、初めは川の名称をとって、エベコロベツ(現・下エベコロベツ川流域)又は旧村名である沙流と二つの地名をよんでいたが、1908(明治41)年、エコロベツ住民会で村名を豊富と決定する。エベコロベツはアイヌ語で(魚(食物)を持つ川・なんでも豊富にある川(場所))という意味で「豊富」と称するようになった。
稚咲内(わかさかない)の由来は、アイヌ語の「ワッカサクナイ」(飲み水が・ない・川)当時は飲み水に大変苦労したようである。1840(天保11)年には現在の市街地より北に数キロ行った場所に官設宿泊所が設置され旅人の便を図ったが当時は道なき道だった。この部落が開発されるのは戦後であり、樺太からの引揚者が多いようである。
道道106号稚内天塩線沿いにあり、道道444号稚咲内豊富停車場線の交差点から稚内方向に約350mほどの砂丘の駅の敷地内に駐車場がある。

海岸線のオロロンライン、天塩から抜海辺りまでは電柱もなく絶景が広がる。くれぐれも事故には注意してもらいたい。美しい利尻富士と日本海を見ながら走れる最高のドライブコースになっている。
稚咲内の漁港近くにある稚咲内園地は、利尻礼文サロベツ国立公園内にあり、5月中旬から8月の下旬にかけてエゾカンゾウエゾスカシユリエゾカワラナデシコハマナスなどが咲く。
園地には木道の遊歩道が有るが徒歩数分ほど。トイレとレストハウスがあるが、私が訪問した時は閉まっていた。今回訪問したのは9月中旬だったこともあり花は終わっていた。また機会があれば花の咲く時期に再訪したい。
ちなみに駐車場内には以前、松浦武四郎休息地 稚咲内の止宿跡という案内板があったが、2016(平成28)年9月に訪問した時はなかった。


Copyright (C) がんばれ北海道 All Rights Reserved.
inserted by FC2 system